ゼルダの伝説 Breath of the wild

PVでクソゲーを嗅ぎ分けることはできる。しかし、10年に一度の名作となるとどうだろう。今作の3rdPVで絶頂を迎えたゲーマーは数知れないであろう。Nintendo Switchを買う気になったのも、そのPVが原因である。発売まで毎日飽きずに再生し、期待がこの上なく高まった状態で、メタスコア98点と言われ、期待は限界を迎え、もはや何を持ってこられても楽しめないのではないかと心配するほどであった。

 しかし、杞憂であった。確かに欠点は挙げられる。最先端グラフィックとは言い難い粗さはある、ミニチャレンジに全く魅力がない、そして何よりもこのゲームには終わりがある。しかし、些細な問題は個人の取るに足らない意見と無視できるほど、洗練されている。

多少粗いグラフィックとはいえ、これほどまでに印象的なものを他に見たことがない。Crysisが出た当時は驚いた、今作と同時に出たHorizonも素晴らしい。確かにいつの時代もよいグラフィックのゲームはあるが、すぐに廃れる。あれこれ凝った作品は多いが結局のところ、大して印象に残るものではないのだ。この作品の映像は驚異的に洗練されている、ゲームグラフィックの進化方向として全くもって適切ではないか。

グラフィックに限らず、すべての要素が洗練されている。公務員のようなコスト意識で開発されただけのことはある、あれこれ考えてみたが細部をみてどうだと言うのが馬鹿らしくなってくる、洗練されているの一言ですべてが片付く。では、全体としてどうか。これがわからない、なぜわからないのか足りない頭を必死に絞ってみたら至って簡単である。これはゲームジャンルの枠を逸脱している、ゼルダとしかいいようがないほどにゼルダなのだ。

ババ抜きと神経衰弱をカードの質で語るような間抜けは存在しないだろうし、それらは好きか嫌いかでしか語りようがないだろう。それと同じようにこの作品もまた好きか嫌いかでしか語りようがないのではなかろうか。ゼルダとして完成しているかと言われれば全くもってその通りである、当然のことだが100%ゼルダの伝説だ。なんだかすごいゼルダが出たとしか言いようがない。つまるところゲーマーなら本作をプレイするしかないだろうし、それ以上でもそれ以下でもない。全くもってとんでもない作品である。