Nintendo Switchを予約した

NX発表と言われてもそこまで関心が湧かなかったが、なんの気無しにPVを見たのを覚えている。Skyrimは既にやり飽きていたのに、持ち運びできるというのに妙に興奮した。Skyrimをやり始めた頃に、ネット接続か何かでタブレットでも動かせんものかと思案していたような気がする。今その記憶を掘り返し、10年振り近いゲーム機購入に一人納得している。

とはいえ、変な話だが、そこまで興味のあるゲーム機と言えないのである。販売が予定されているタイトルはゼルダ以外興味がない。そして、外でゲームするのは気恥ずかしいので、このギミックが役に立つのはテレビを置いてない我が愛すべき自室への籠城を深化させることのみであろう。

これは一体どの層に向けたゲーム機なのだろうか。仮に外でやるにせよ、”もしもしゲー”にライト層は流れるだろうし、それなりにコアでも私のようにシャイな層は家でProコントローラを脂まみれにしながら尻を温めることを好むであろう。ゲーム機から手の離せない重度のゲーム中毒者にしかウケないと思うのだが…

 

話は変わるがゼルダの新作は大いに期待している。PVを見て、攻撃ヒット時のエフェクトが煩わしいなど幾つか思うところはある。しかし、何よりも重要なのはこれがオープンワールドという、うんちであることだ。

慣れから広い世界への感動は失われ、大抵の場合移動が面倒になり、ファストトラベルを多用し、結局のところ歩く範囲は限られる。真に機械じみた人間でもなければ最後は苦行である。TESシリーズ、Witcher3、好きなタイトルではあるが、スムーズなプレイ動画を見る方が楽しいのじゃないかと常々思う。

あんまり語るとゲームとは何かという問題に首をつっこむことになる、意見様々で面倒なので避けるが、何が言いたいのか薄々とわかってもらえるのではないかと、ハイコンテクストな文化に過度な期待、依存しつつ、New Super Hook Girl UC早くしろとだけ主張しておく。

任天堂が流行りに乗っただけなら非常にがっかりするが、会社の哲学を思うにそうはならないと、僕はやってくれると信じている。なんたって「オープンエア」とよく分からない言葉を標榜しているのだから…